専門業者に依頼すれば巣の特定も簡単に

家に大嫌いな虫が現れて大変!

苦手な虫を駆除する前に~シロアリの習性について学んでおこう~

虫が苦手という人も、家に出現する可能性のある虫に関しては、最低限の知識を備えておきましょう。害虫であるシロアリは特にチェックすべき虫です。習性を知っておけば、家にシロアリが現れても効果的な対策が講じれるはずです。

シロアリの種類

ヤマトシロアリ
ヤマトシロアリは、4~5月の間にかけてよく見られるシロアリです。主に床下から一階部分に巣を作り、床下から柱にかけて食害していきます。乾燥にとても弱い種類で、外気や太陽の光などにさらされると、体内の水分が失われすぐに死んでいきます。
イエシロアリ
イエシロアリがよく見られるようになるのは、6~7月にかけての時期です。建物の地中部分に塊状の大きな巣を作り、その巣を中心に行動します。他の種類に比べとても攻撃的な性格をしており、外敵と判断されるとすぐに攻撃をしかけてきます。

発見が遅れる分だけ被害は拡大

高温多湿であり、木造住宅の多い日本は、シロアリにとってまさにこれとなく住みやすい環境と言えます。シロアリは体が小さく、何より床下から侵入してくることがほとんどであるため、発見がどうしても遅れてしまいがちです。気付いたときには家が甚大な被害を受けていた、なんてことも少なくないのです。早めの対応で被害を防ぎましょう。

ヤツらの住処にはさせない~居場所を調査する~

シロアリは、人が普段目にしない・できないところで活動し食害を出すので、巣の場所を特定するのは簡単ではありません。しかし専門業者に依頼すれば、床下や屋根の裏などに潜り、すぐに巣の場所を特定し適切な対応を取ってくれます。

専用の機械で調査する

シロアリ駆除の専門業者は、「ターマトラック」という特殊な機器を用いてシロアリの巣を特定します。シロアリに関する知識と経験を持っていなければ、現場でこの機器を効果的に利用することができません。専門業者だから扱える機器と言えるでしょう。 ある程度の知識や経験があれば、素人でもシロアリの巣を特定することは可能です。ただ、やはり専門業者のようにスムーズに行なえるわけではありません。すぐにでも駆除したいという人は、迅速に対応している専門業者に相談し、確実かつ安全な駆除作業をしてもらいましょう。

TOPボタン